借金の返済で頼る

任意整理で債務整理する

借金の返済に困っている場合、弁護士や司法書士といった法律の専門家に債務整理相談をすることで法的に解決することができます。一般的に債務整理としてする手段としては任意整理が多いです。任意整理は、借金の減額をして今後の金利をカットして分割で返済していく手続きです。気になるのが弁護士費用です。どのくらいかかるのかというと1社あたり着手金として3万円から4万円程度が相場となっています。他に借入があれば、その分だけ着手金が加算されていきます。そして成功報酬です。どのくらい減額できたのがその割合と経済的な利益によって10%程度が手数料として掛かります。費用を比較するのであれば司法書士のほうが1社あたり2万円程度の着手金です。

任意整理から個人再生へ

債務整理の手段ですが、これまでは任意整理が主流であったのですが、今後は個人再生のほうが件数が増えていくと予想されます。任意整理が債務整理の件数として多かった理由が、利息制限法の上限金利をはるかに超えて契約したいたケースが多く、過払い金が発生していることから減額をすることができたのです。それが貸金業法が改正されて以降の新規契約は、すでに法律を遵守した金利となっていますので減額できるものがないのです。また将来の金利をカットをお願いいしても、それに応じない貸金業者も増えていますので、それか一括で返済要求ということもありなかなか応じてくれない業者もいます。そのため個人再生へ流れてきています。自己保有財産を一部処分することで減額をする手続きです。