債務がある場合

相続によって継承される財産の種類

相続では、手続きによって多くの物が相続権を持っている人に対して引き継がれます。 しかし、相続財産の中には残された家族にとって非常に都合の悪いものが含まれているということを知っておかなくてはいけません。 相続権を行使すれば、確かに亡くなった人の財産を継承できますがここにはその人が抱えていた債務も含まれます。 債務と言うのは、つまり借金のことです。 相続財産の中には、引き継がなくても良い多くの債務も含まれるため間違って継承してしまうと取り返しの付かないことになります。 実際、勘違いをして継承をしてしまう人は昔から多く存在します。 そのため、このようなことがないように手続きの時には専門の人と詳しく相談しなくてはいけません。

都合の良い財産だけを引き継ぐ方法

相続で注意をしなくてはいけないのは、たとえ多くの借金があったとしてもそれを上回るお金があれば何の問題もないことです。 借金を抱えていたとしても、それを全額返済してそれでも余るようなお金があればそのお金だけを継承する手段も相続にはあります。 実際に相続をして財産を引き継いだときに、借金を返済するために貰った財産からその返済の手続きをすると非常に面倒なことになります。 そのため、最初から借金の分のお金は債権者に対して返済しておいて、残ったお金だけを家族で引き継ぐのです。 相続は、様々なケースを想定して法律を規定しているため家族にとって都合の良い方法で手続きをしなくてはいけません。 それぞれのケースに対して、必ず合致する法律が存在します。